エンジェルハープとは

 03-5306-2393

10時~20時・定休日火曜

エンジェルハープとは

エンジェルハープは弦と木部の接点にハトメを使用していない分、入門者にとっては大きな音を出すまでに若干の練習(訓練)を要します。・・・正しい指使い、正しい奏法を習得すると、大きな音は勿論の事、多彩な音色と表現力が可能になり、何より自分の「音」を得る事で、楽器と奏者が一体となり、豊かな音楽生活を実感出来ます。また、エンジェルハープ(弦の間隔・張力はグランドハープを想定し考案)を習得する事により、グランドハープへの移行(ペダルとレバーの違いはありますが)が容易に可能になります。

エンジェルハープの特長

●AHは左手仕様でチューニングを行います。低音部から高音部まで、全ての弦を右手で弾きながら左手でハンマーを操作します。エンジェルハープではじめてハープに接する愛好者からは勿論、従来の多くのグランドハープ奏者からもその操作性の良さを実感し、絶賛されています。
●本体材料に最高級のマホガニー・メイプル材100%無垢材は(ネックとアーム部分3枚接ぎ)で製作しています。木材本来の重厚で自然な響きを醸し出します。
●弦を巻きつけるピンとそれを回しチューニングするハンマーの形状に対して国際特許を取得致しました。
●全てのお客様に製造年月、シリアルナンバーそしてお名前をプレートに刻印してお渡し致します。
●本体及び各種部品は全てオリジナル。木ネジに到るまで金メッキ加工を施し、特にフックレバーには白、C音は赤、F音は青のラインストーンを配する事により、豪華さと優美さを満足させ、見やすく操作性も良い。またその繋ぎ目には特殊な金属のスプリングを使用し、磨耗に耐えスムーズな回転を生み出します。

仕 様

■1995年12月、パグプロモーションが株式会社天童木工(山形県天童市)の精鋭技術者の協力を得てノンペダル(レバー)ハープが完成。
■2013年2月、有限会社 山上木工アルミ工業(北海道津別町)にて製作・製造を依頼。新たに改良を加え音量・音色が豊かになり高い完成度が得られた。
■材質;本体に#28W、#28MG、#28Mの無垢材を3枚張、表面板はアメリカンプルース材、中央弦止め部分は①②ブビンガー剤を、③は黒壇材を使用。
■弦数;28本、最低音5oct-C、最高音1oct-H、全4oct
■サイズ;高さ:978mm、奥行き:165mm、高音幅:95mm、低音幅:240mm、重量;4~5kg
■塗装;ウレタン塗り、つや消し仕上げ。
■モザイク;3種の楽器の両端にそれぞれ異る寄木細工を施す。